学校紹介

大清水のシンボル「しょうくん」と「あやめちゃん」です。



平成13年誕生のしょうくんと平成27年誕生のあやめちゃん

大清水小学校の歴史

 本校の校地は豊橋の南部に位置する、旧陸軍大清水飛行場の跡地である。この辺り一帯は、戦後食糧増産と未開墾地の開発を目的として開墾が行われたところである。昭和33年、南大清水開拓農協関係の方々の特別の配慮で校地が提供され、植田小学校大清水分校から独立校として発足した。その後、校区内にレークタウンが造成されたことで児童数が急増し、昭和59年、富士見小学校が本校から分離して現在の大清水小学校の形になった。創立以来、校区民と学校職員が一体となって本校教育の充実発展に努めている。

 21世紀に生きる人間性豊かな児童の育成を目指して、次の教育目標を設定する。

 大らかに
 清らかに

 ・よく考え進んで学ぶ子
 ・健康で たくましい子
 ・仲よく 助け合う子
  


                                        平成28年4月7日現在
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 なかよし 合計
学級数(学級)

15

                                         平成28年4月7日現在
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 なかよし 合計
児童数 57
(2)
52
(2)
65
(2)
54
(2)
64
(1)
66
(2)
11
369
                                

   
 
トップページへ  沿革史のページへ  校歌のページへ